旧古河庭園でバラ三昧!

薔薇の季節ですね。都内でバラが有名な庭園と言えば、旧古河庭園。

ここは、陸奥宗光さんの邸宅だったものを、宗光さんの次男が古河家に養子に入ったため、古河家の所有となったもの経緯があります。

ただし、現在の建物は当時のものではなく、鹿鳴館の建築で有名なジョサイア・コンドルが設計したものです。

石造りの邸宅とバラ園と日本庭園がマッチする美しい空間ですね。現在は夜間ライトアップされています。夜に映える洋館とバラ園もステキでしょうね。
 

 日本庭園は華やかなバラ園と打って変わってしっとりとした優美さを漂わせています。
池の鯉まで優美でした。(餌をめがけて群がっていますが・・・)
今日は天気も良く、園内は混雑していました。やっぱりバラの季節はここですね。

 

豊かな生活はGallery Miko-Nonno ネットショップから。Miko-Nonno ヤフー店もご覧ください。

ミュシャ展に行ってきました!

今日はゴールデンウィーク最終日。以前から行こうと思っていたミュシャ展に朝イチから行って来ました。

ゴールデンウィークだから、混むかなぁ、延期しようかなぁと思いつつも、朝イチなら大丈夫か?って言い聞かせて、まずはネットで混雑状況を調べたら、夜は比較的空いているとか。あと、混んでいる時は、価格が一緒でもコンビニで事前に発券していくと良いとか。そんなわけで、駅前のコンビニでチケットを購入していざ、乃木坂へ。

国立新美術館は乃木坂の駅から直結しているので便利です。開館の10:00時前に到着しましたが、チケット売場はやっぱり50人くらい並んでいました。

会場に入ると、混雑というほどでもなく安心。入口で音声ヘッドフォンを借りて快適な美術鑑賞。
今回の目玉はなんと言ってもスラブ叙事詩20連作。もちろん本物ははじめて観ますが、その大きさも含め圧倒的な迫力に驚きました。ミュシャの人生の後半を捧げたスラブの物語。ポスターで名を馳せたミュシャが油彩で描いた歴史大作に感動しました。


後半はポスター、挿し絵等のアールヌーボー作品。いつかはミュシャのアンティークリトグラフを部屋に飾りたいものですね。


Gallery Miko-Nonno ネットショップではアールヌーボーの時代を彩ったスージークーパーのアンティーク雑貨を取り揃えています。
Miko-Nonno ヤフー店もよろしくお願いします。

ゴールデンウィークは鎌倉散歩

ゴールデンウィークはどこも混みますねぇ。そうは言ってもどこか行こうということで、主人と鎌倉に行って来ました。
さすがにクルマは混みそうなので、JRで。湘南新宿ラインで直行です。

北鎌倉で下車して、まずは駅前で蕎麦たべて、ゆったりしてから円覚寺へ。今日は子どもの日なので、子どもの拝観料無料ということでした。
円覚寺は臨済宗円覚寺派の大本山。禅寺ですね。とにかく広い境内で、良い季節なので気持ち良かったです。

そのあと、鶴岡八幡宮までウォーキング。2キロくらいですが、途中には甘味処とか寺院があるので、ちょっとした観光ウォーキングです。
鶴岡八幡宮では、雅楽の舞を演奏していて、とても優雅な気分になりました。ここもとにかく人、人。

それから、小町通を散策して江の電で江ノ島へ。これがまた、江ノ電に乗るのも一苦労なら、社内は山手線の通勤ラッシュのように混んでいて、長谷で降りて鎌倉大仏様にお会いするのは断念しました。

そんなわけで、江ノ島まで江の電で直行。はじめて行きましたが、駅から結構離れていますね。橋も長いし。

江ノ島に上陸したら、また大混雑。なんとか登りきって、江ノ島神社に参拝してきました。ちなみにおみくじは大吉!人生を楽しめば、幸せになれるそうです。

江ノ島からさいたま市への帰りはモノレールで大船まで。そのから湘南新宿ラインで直帰しました。
楽しい鎌倉散歩。けっこう歩いたなぁ。
豊かな生活は楽しく過ごすことから。あなたのお部屋を彩るアンティーク&ヴィンテージ雑貨は、Gallery Miko-Nonno ネットショップから。Miko-Nonno ヤフー店もよろしくお願いします。