スージークーパーの輝きに魅せられて

20160423_072838

スージークーパー(1902年~1995年)は英国の陶器デザイナーです。

1922年にグレイ社に絵付け師として入社し、その後陶器デザインの仕事に携わるようになりましたが、陶器そのもののデザインをしたいという自身の目的のため、グレイ社を退社し、自らスージー・クーパー・ポッタリーズ (Susie Cooper Potteries) を設立しました。

目的のためとは言え、ただのデザイナーではなく、起業家と言った方がふさわしいくらいのやり手ですね。

1930年代~19340年代は彼女の才能が最も華開く時代。パトリシアローズ、ドレスデンスプレイといった人気シリーズもこの頃生まれました。

後期になると磁器の制作をしたり、ウェッジウッドの傘下にも入りましたが、1980年代まで長期にわたって人気を誇っています。

スージークーパーのデザインはパトリシアローズに代表される花柄のロマンティックなものからアールデコに通じる幾何学模様までさまざまな種類があります。彼女の功績が認められ1979年には大英帝国勲章を授与されています。

もちろん、スージークーパーは現在制作されておらず、コレクションとして人気が高まる一方です。その中でも、特に人気があるのは、パトリシアローズ、ドレスデンスプレイといった花柄の女性らしいデザインのもの。確かに高価ですが、マイセン等と較べると、手が届くのも人気が高い理由のひとつでしょうね。

スージークーパー ドレスデン・スプレイ・トリオ

1930年代に発表された作品です。
ドレスデンとはドイツのザクセン地方の地名で、マイセンでも有名ですね。
ドレスデン・スプレイはスージークーパーの故郷の花を描いた作品で、女性らしい可憐なデザインが人気です。
特に、このピンクのドレスデンスプレイは、イギリスのエドワード8世が恋人であるシンプソン夫人にディナーセットをプレゼントしたことで一躍有名になったシリーズです。

93954459[1]

93954459_o1[1]

この商品はGellery Miko-Nonno ネットショップでお買い求めいただけます。

スージークーパー パトリシア・ローズ・ソーサー(リボン)

スージークーパーの作品の中でも、特に人気が高いシリーズ。1938年デザインの作品で、サーモンピンクの薔薇「パトリシアローズ」をモチーフにデザインされました。

このリボンのシリーズは、その中でも希少価値が高い、ふちにリボンのラインが入った作品です。

010

011

この商品はGellery Miko-Nonno ネットショップでお買い求めいただけます。

Gallery Miko-Nonno ネットショップでは、日々の生活を彩る商品をリーズナブルな価格で販売しています。

ぜひ、こちらにもお越しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA