「商品紹介」カテゴリーアーカイブ

華麗なるMATSONの輝き

Gallery Miko-Nonno ネットショップはマトソンをリーズナブルなプライスで取り揃えています。

マトソンとMikoの出会いはそれほど古くありませんが、最近はこのヴィンテージなゴールドの輝きの虜になっています。

左から、リップスティックスタンド、ソープディッシュ、フォトフレーム、一輪挿し、 ピアススタンド。

image

どれも状態の良い逸品です。いずれも、表面は24金Gold Plated仕上げで、Matsonの刻印が入っています。

マトソンは、アメリカ・ニューヨークでレオ・マルダー(Leo Marder)氏によって創立され、1950から1960年代に隆盛を極めたパウダールーム雑貨メーカーです。

マトソンの製品自体は1980年代に製造を終了しており、現在市中に出回っている商品は多くありません。ビンテージ品として今後ますます貴重価値が高まるものと思われます。

マトソンは、Gallery Miko-Nonnoでお買い求めください。

スージークーパーのパトリシアローズ・ソーサー(リボン)

今日は、スージークーパーのパトリシアローズをご紹介します。

スージークーパーは20世紀を代表する英国の陶器デザイナー。

私はもともとスージークーパーよりも、マイセンなどのアンティーク磁器に興味がありましたが、ある書籍と出会ってスージークーパーの虜になりました。

それは「スージークーパーのある暮らし」
スージークーパーに興味がある方、これからスージークーパーを勉強しようと思ってらっしゃる方や集めようと思ってらっしゃる方は必読です。

image

私もこの書籍を読んで、スージークーパーの女性らしいあたたかな、やさしいデザインに夢中になりました。磁器ではなく陶器であることも、柔らかな印象を与える要因かもしれませんね。

スージークーパーは1930年に自分の会社を設立し、人気シリーズを立て続けに発表しました。パトリシアローズはその中でも特に人気のあるシリーズです。

image

このスージークーパーのソーサーはブラウンで縁がリボン柄となっています。リボン柄はレアで特に人気が高いシリーズです。またサイズは皿の直径が23cmあり、十分な大きさです。

イギリスの国花であるバラをモチーフに描かれたパトリシアローズはスージーの新婚時代に作られたシリーズ(1938年)で、特に人気があります。

Gallery Miko-Nonno のこちらのページに詳細があり、購入できます。

ほかにも、スージークーパーが特に充実しています。

Gallery Miko-Nonnoネットショップでは、クレジットカード決済やコンビニ決済が利用できるようになり、ますます便利になりました。

ぜひ、ご覧ください。

ヘレンド アポニーグリーン C&S

ヘレンドのカップ&ソーサーが入荷しました。

ヘレンドはあのダイアナ妃も愛したことが有名で、ヨーロッパ貴族や国家レベルで使われているハンガリーの名窯です。

1860年頃、ハンガリーのアポニー公爵からの急な注文に対し、時間の余裕がなかったため、「インドの華」をベースにデザインされたのが始まりとか。

それが、今やヘレンドを代表するシリーズになるとは、わからないものですね。

image

Gallery Miko-Nonno ネットショップ

ヘレンドアポニーグリーン カップ&ソーサー

ジュモー X

20150408_131658

20150329_093224

今日はジュモーを紹介します。

このジュモーは、「Xマーク」または「ノーマーク」と呼ばれ、1892年~1899年頃に作られたジュモー後期の作品です。頭の後ろに「X」と「4」のマークが刻まれています。これは店頭に並べる前に発表会などに出品した作品(コミッション・ベベ)につくものということです。4はサイズと思われます。

Xの子は「コミッションべべ」と言われ広告宣伝の方法が少なかった時代の展示会用に作られたビスクドールと言われています。

希少価値が高く、お顔も美しい子が多いということです。

なるほどですね。

ヨーロッパビンテージバック

いい天気で絶好調ですねー😚渋谷のグリモワールで今月購入した‼︎ゴブラン織りのバックです‼︎裏面も同じゴブラン織りですよ。裏面が無地の物もありますが、両面出ないとダメですよね〜こだわりです(笑) 華やかな黄色です✨

お出掛けがさらに楽しくなります。