「アンティークフェア」カテゴリーアーカイブ

華麗なるマトソン・ジュエリーボックス

8月も終わりというのに、なんて暑いんでしょう?今年はコロナウイルスの影響もあって、巣ごもり需要なんて言っていますが、お部屋にいる時間が長い分、「私」を取り囲む雑貨には気を使いたいですね。

Gallery Miko-Nonno ではマトソンの品ぞろえにこだわっています。ジュエリーボックス、ソープディッシュ、ミラー等のヴィンテージならではのゴールドの輝きにうっとりします。

もちろん純金製ではなく、オルモル(ormolu)という技術で仕上げられています。オルモルとは18世紀ころフランスが発祥のメッキ技術・装飾です。

Gallery Miko-Nonno にふたつのMATSON・ジュエリーボックスが仲間入りしました。

このマトソン・ゴールド・ジュエリーボックスはふたつとの状態が良く、ヴィンテージ品の渋いゴールドの輝きも際立っています。

マトソンMatsonジュエリーボックス

このマトソン・ゴールド・ジュエリーボックスは豪華でエレガントです。

金属に金メッキが施され蓋は集めのガラスでしっかりとした作りになっています。

底の部分の布地にはシミ等も見当たらず良い状態です。
蓋のガラスの上には花と鳥のレリーフが施されています。

状態は良く、普段づかいのジュエリーボックスとして使用いただけます。

蓋の留め金の裏にmatsonの刻印が入っています。

マトソンMatsonジュエリーボックス

こちらも程度の良いジュエリーボックスです。

側面とガラス製の蓋、および脚の部分に金メッキが施されています。

蓋は集めのガラスでしっかりとした作りになっています。

底の部分の布地にはシミ等も見当たらず良い状態です。

蓋のガラスの上には花のレリーフが施されています。

天板につけられた花のレリーフの裏面にmatsonの刻印が入っています。

 

マトソンは、アメリカ・ニューヨークでレオ・マルダー(Leo Marder)氏によって創立された1950から1960年代に隆盛を極めたパウダールーム雑貨メーカーです。

マトソンの製品自体は1980年代に製造を終了しており、現在市中に出回っている商品は多くありません。ビンテージ品として今後ますます貴重価値が高まるものと思われます。

貴方のコレクションに加えてはいかがですか。

豊かな生活はGallery Miko-Nonno から。

ネットショップはコチラ

GO TO ビーナスライン!諏訪大社〜美ヶ原高原の旅

24、25日とGO TO TRAVEL キャンペーンを利用して、諏訪大社巡りとビーナスラインドライブに行ってきました。

諏訪大社は以前から行きたいと行っていた神社。ネットで予約したペットと泊まれる山岳温泉ホテルが偶然にも諏訪湖の近くだったので、コロナにもめげずにGO TO 信州!

諏訪大社上社本宮

まだまだコロナ影響もありますが、都会での3蜜状態より高原ドライブのほうが精神的にもコロナ的にもいいので、旅行決行。

御柱撮影中!

諏訪大社は4つあるうち上社本宮、下社秋宮、春宮の3つを参拝。これまで行った伊勢神宮や三峯神社とはまた異なる佇まいで、点在した神社が諏訪の地を護っているようでした。

下社春宮神楽殿
下社春宮近くの万治の石仏

お泊りはホテルアンデルマット。山岳温泉ホテルということで、スキー客を中心に展開しているようでしたが、夏場の避暑地としてもいいみたい。ロビーの家具や調度品はオーナーが世界中から集めた逸品ということで、アンティーク好きにはたまりませんでした。

ただ周りの景色はスキー場以外はイマイチでした。でもディナーは夏にしゃぶしゃぶというのが面白かったです。

2日目はビーナスラインドライブ。蓼科〜八島湿原〜美ヶ原高原というゴールデンコース。ビーナスラインは以前にも行きましたが、このゾーンは初めて。高原は美しいなぁ。

特に八島湿原は、多分尾瀬もこんな感じ?と思わせる雄大な空間でした。いつかここをトレッキングしたいな。

ドライブは楽しいけど、登り坂はけっこうガソリン消費して、ドライバーの主人は「ガス欠大丈夫かなぁ」と少し心配。まあ、メーターパネルには残り150キロ走行可能と出ているので問題ないはずでしたが山を降りてからすぐ給油しました。

帰りは旧軽井沢銀座で散策して帰宅。500キロ以上のドライブは、愛犬モモ&チャッピーと一緒の楽しい旅でした。

 

三峯神社開運ツアー

コロナウイルス影響も少しおさまってきたので、今日は以前から行きたいなぁと思っていた三峯神社さんまでドライブして来ました!

自宅から100キロくらいありますが、同じ埼玉県で〜す。

秩父までは何回か行ったことあるけど、三峯神社さんは1000メートル以上の山の中。クルマも狭い山道を縫うように走ります。

同じ埼玉県内でも3時間以上かけて到着!駐車場から拝殿まで500メートルくらいあって、今日は気温が30度以上あったので、けっこういい汗かきました。

ここの特色の一つは狛犬がオオカミと言うこと。と言うこともあり?一昨年まではペットのイヌも一緒に参拝てきましたが、現在はペット禁止です。

まず、驚くのはこの大鳥居。3つの鳥居が重なったみたいなこの鳥居は三峯神社以外では奈良の大神神社さんが有名。

拝殿に向かう山門が超豪華!日光東照宮みたいな絢爛豪華さ!こんな山中に、よくこんな豪華な神社が!と思うほど驚きました。

まず山門とは反対方向にあるのが遥拝殿。ここは絶対に見逃せません。秩父の山々が美しいこと。こんなに登って来たんだなあ!

いよいよ拝殿に向かいます。コロナ影響と平日と言うこともあり参拝客は少なかったですが、逆にゆっくり参拝出来ました。

拝殿の横には有名な神社の出張所みたいにミニ神殿が並んでいて、なかには伊勢神宮も。主人は伊勢出身なので、神明造りに感動していました。

久しぶりにゆっくりと参拝した後は、一路帰宅の旅。途中で長瀞に寄って、観光気分に。夕方でしたがヤングピープルがチラホラ。

楽しかった三峯神社開運ツアー。天気も良かったし、最高に楽しかったなぁ。また行くよ!

豊かな生活は豊かなココロから。今日は楽しいスピリチュアルライフでした。

Gallery Miko-Nonno ネットショップもよろしくお願いします。

華麗なるMATSONの輝き(その2)

マトソン(MATSON)は、お気に入りのビンテージ・ブランドのひとつ。

アメリカ・ニューヨークでレオ・マルダー(Leo Marder)氏によって創立された1950から1960年代に隆盛を極めたパウダールーム雑貨メーカーです。

今回は、Matsonゴールド・ミラー・ローズをご紹介します。まずゴールドといっても金メッキです。価格からしてもちろんですね。でもビンテージな輝きはとても美しく、往年のハリウッドスターたちがお部屋に飾っていたことが想像できますね。

裏はフェルト張りになっていてシックな感じです。

MATSONの文字が刻印されています。

マトソンの製品自体は1980年代に製造を終了しており、現在市中に出回っている商品は多くありません。一部日本のデパートでも販売されていたようですが、現在は見かけることもなくビンテージ品として今後ますます価値が高まりますね。

このマトソン・ゴールド・ミラー・ローズは最大幅47.5cmとしっかりした大きさのミラーはマトソンとひと目で分かるゴールド・ローズであしらわれています。

壁にかけるのではなく、こんなふうにドレッサーの上において、アクセサリーを置くのもいいですね。

商品のお買い求めははこちらからどうぞ。

Gallery Miko-nonno が提案する豊かな世界。お気に入りのアンティーク雑貨に囲まれて過ごす優雅なプライベートと、心の持ち方や精神生活から豊かになる両方を提案しています。

ジョージアンの花台が仲間入り

我が家にはアンティーク家具とリプロダクション家具があります。

えっ、リプロ?って思うかもしれませんが、18世紀ジョージアン様式の家具なんて古すぎて本物はアンティーク市場に出回っていません。だからリプロなのです。

十数年前、家を建てた時にたまたま見たアンティーク雑誌の広告に英国家具のインテリアギャラリーレノンが掲載されていて、住所を見たら大宮って近いから行ってみました。

見るだけって遊びに行ったところ、その優雅さやマホガニーの輝きに一目惚れして、揃え始めたのが、アンティークへの入口でした。

そんなレノンさんが在庫一掃セールやるっていうハガキが来ていたので、久しぶりに行ってみました。

ダンディな社長さんもお元気で、いろんな話を聴かせてもらって。見るだけって思っていましたが、やっぱり一目惚れしてしまいました。

この家具はサイドテーブルのような花台のような。でも社長さんにお聞きすると、もともと18世紀貴族がカツラを置く台だと言うこと。歴史を感じますねえ。

ちなみに右手に写っているチェアも何年か前にレノンさんに注文したものです。

豊かな生活はGallery Miko-Nonn ネットショップから。

龍神オブジェの制作も受付中です。

https://miko-nonno.shop-pro.jp

ジオグラフィカ人形展

目黒通りにある有名なアンティークショップ、GEOGRAPHICAで人形展が開催されています(2017年12月25日まで)。ただしビスクドールの写真はNGなので、雰囲気だけお伝えしますね。

今回で6回目の開催で、テーマはVICTORIAN。19世紀イギリスの華麗な世界をテーマに有名な作家さんのオリジナルビスクドールやアンティークのリプロダクションなど、たくさん出品されています。

私としては、勉強にもなるし見逃せません。人形展を訪れるのは今回で2回目です。

ジオグラフィカはアンティーク家具を中心に、雑貨ショップやカフェも併設しています。ランチは2階のイル・レヴァンテで。美味しかったァ。

お友達からはプレゼントも頂いて、幸せな1日を過ごしました。

豊かな生活はGallery Miko-Nonnoから。ネットショップは下のリンクから。

Gallery Miko-Nonno ネットショップではスージークーパーやマイセンのアンティーク雑貨を数多く取り揃えています。

ジュモーが我が家の新しい仲間になりました!

small1512304243619

今日は浅草の産業貿易センターで開催中のドールワールドリミテッド2017に行って来ました。

このフェアは毎年2回開催されていて、ドールの材料の買い出しも含め、毎回行っています。

でも、今日は出会ってしまったんです。1900年代のジュモーちゃんに。ひとめで気に入ってしまいました。

アンティークのジュモーは、私の憧れでした、高価なお人形なので、勇気がいりました!

オーナー様が、手の届く価格で販売されていたので、思いきってお迎えしてきました!

100年前のお人形はお顔の色がまったりとしてきていて、グラスアイも盛り上がった、ウルウルとした可愛い子です!本物は迫力がスゴいですね!大切にします!

他には、いつもの布花コサージュ作家さんの、ブローチとドールの材料を購入してきました!

高価な数々を購入出来て主人に感謝ですね✨

私も製作中のオリジナルビスクドールの完成が楽しみです。

今日も楽しい一日でした。豊かな生活はGallery Miko-Nonnoから。ネットショップは下のリンクから。

Gallery Miko-Nonno ネットショップではスージークーパーやマイセンのアンティーク雑貨を数多く取り揃えています。いよいよ本格的な冬ですね。お部屋の中をアンティーク雑貨で彩ってはいかがですか。

 

ドールワールド・リミテッド 2017に行って来ました!

毎回行ってるドールフェア、ドールワールド・リミテッド 2017。浅草の産業貿易センターまで行って来ました。

ここはオリジナルやアンティークのドール本体のみならず、材料が満載なので、作家さんには見逃せないフェアですね。

お馴染みのオーナーが何人も出店されていて、買い物に行くと言うより、おしゃべりしに行くという感じです。

今回はグーグリーのレプリカを買いました。グーグリーちゃんはドイツで産まれた子供のビスクドールで、あどけない表情やいたずらっぽい目が特徴です。手編みの衣装が可愛いですね。

体長13センチとちっちゃいので、体長28センチのチワワのチャッピーが巨大に見えますね。

私のオリジナルMikodollと一緒に並べて見ました。

Mikodollは完成したら、Gallery Miko-Nonno ネットショップで販売しますが、なかなか完成しないので、先日もすぐ売れてしまいました。他にもスージークーパーやマイセンのアンティーク雑貨を取り揃えています。

今年もアンティークフェア IN 新宿に行ってきました!

DSC_1348

アンィークフェア IN 新宿は、お気に入りのアンティークフェアです。
なぜかというと、このアンティークフェアは西洋アンティークオンリー。着物も仏像もありません。 場所は西新宿ハイアット・リージェンシー(のビル)です。都会の真ん中なのに入場 料は無料です。

dsc_13451780430385

会場内はアンティーク好きのシニアを中心にお若い方もチラホラ。ジャンクっぽいものも含めアンティーク雑貨、かたや美術品としても価値のあるガレやラリック、ビスクドール、アンティークレース等、アンティークが満載です。

_20170527_184019

何回も来ていると、馴染みのショップオーナーさんも出来てきて、世間話しに来ているのか、ショッピングに来ているのか、分からなくなります。

DSC_1347

来月にはドールフェスがあるので、今日はカードしか購入しませんでしたが、いつ来ても時間を忘れるような楽しい時間でした。

アンティークフェア IN 新宿に来られなかった方は、Gallery Miko-Nonno ネットショップで。スージークーパーやマイセンのアンティーク雑貨を数多く取り揃えています。

銀座ランチ カニ食べ放題!の巻

今日は、わざわざ平日に主人にお休み取ってもらって、銀座の豪華ランチに行って来ました。

まずは、新春から虎ノ門の愛宕神社に参拝し、出世の階段を登ってお参りしてきました。

都内には珍しく天然の山の上に造られた愛宕神社は、天気もよく空気がすんでいました。

さぁ、その後は銀座ランチ。三井ガーデンホテルのレストランにて。最大の目玉はカニ食べ放題。ほかにもお寿司やイタリアンなど、たくさん種類がありました。感想と言えば、パンフレットの方が美味しそうでした?しかしデザートもいっぱい食べて、銀座ランチを満喫しました。

その後は、すぐ近くの築地市場をブラブラしましたが、さすがにお腹いっぱいだったので、何も食べませんでしたが。

せっかく銀座に来たら、銀座アンティークモールへ。ここはアンティークショップが集まっていますが、最近はちょっと和骨董が多いかな。

有楽町駅に向かって歩いていると、何かアンティークショップらしきお店が。それも古~いビルの1階に。ショップの方に尋ねると、このビル80年以上経っていて、上の階にもアンティークショップやギャラリーがあるとか。

このビルは奥野ビルって言って、昔は銀座の高級アパートだったとか。

ショップはお休みのところも多かったですが、ビルそのものがアンティークで雰囲気満載。エレベーターは手動式開閉というレトロさでした。今日の収穫はこのレトロビル発見かもしれません。

数寄屋橋に来ると、立て替えが決まったソニービルで、It’s a Sony展を見てきました。これまでのソニー製品がみられる家電好きにはたまらない企画でした。

久々の銀座巡り。楽しい1日でした。

今年もGallery Miko-Nonno ネットショップはエレガントなアート作品やアンティーク雑貨を提供します。よろしくお願いします。