「アンティークフェア」カテゴリーアーカイブ

調神社の骨董市

浦和の調(つき)神社で月イチ開催されている骨董市。

ネットで確認したら150店舗の規模ということでワクワクしながら朝から参戦!

行ってみると、あれっちょっと少ないかなぁと思いましたが、それでも50店舗くらいは出店していたかなぁ。

品揃えは和モノが中心でしたが近所のシニアを中心に賑わっていました。

帰りに調神社にお参りしました。

#アンティークのある暮らし #骨董市 #調神社 #浦和

ネットショップ

Instagram

おうちショップオープンしました!

開店日はお祝いのお花を手にお客様に多数ご来店いただきました。ありがとうございました!

みなさん、こんにちわ。いつもGallery Miko-Nonnoをご覧いただきありがとうございます。

Gallery Miko-Nonnoはこれまでネットショップ販売を行ってきましたが、さいたま市におうちショップをオープンしました。

↓ ↓ ↓ ↓

《おうちショップのアクセス・ご予約ページ》

 

もともとGallery Miko-Nonnoは「龍のついてる人形作家」MIKODOLLが「人形制作」や「日々のアンティークライフスタイル」「スピリチュアルライフ」をネットで発信し、同時にネットショップでアンティーク陶磁器を中心に販売も行っていましたが、「もっとお客様と直接つながりたい」との思いから、このたび自宅にて「おうちショップGallery Miko-Nonno」をオープンしました。

おうちショップではネットで販売しているスージークーパーや出品前の店頭在庫もご覧いただけます。またイースターやバレンタイン等の100年前のアンティークカードや、英国直輸入のアクセサリー等の品ぞろえも充実しています。

マイセン、スージークーパー、マトソン、アンティークカード・・・ほかにもたくさん品ぞろえしています。

スージークーパーがそろっています。上段は入荷したてのドレスデン・スプレイのTea For Two セット。

ヴィンテージ・ゴブランのバッグやレース。アンティークのビスクドールベビー。

左からMIKODOLL、龍神オブジェ、マトソンと並んでいます。

こちらの棚はスージークーパーを中心としたアンティーク食器です。

100年以上前のアンティークカードやマイセン、ARCOPAL等が並んでいます。

左はチャッピー、右はモモちゃん。Gallery Miko-Nonnoの看板娘たちです。

開店日5月22日はたくさんのお客様がお越しになりました。コロナ予防もバッチリなので、安心してご来店ください。

非接触体温計・アルコール消毒液も完備。マスクをしてスリッパでおあがりください。

2匹のチワワとともにお待ちしております。

ご予約は以下の専用サイトからどうぞ!

↓ ↓ ↓ ↓

《おうちショップのアクセス・ご予約ページ》

 

アンティークカードたち。

■関連リンク

ネットショップ

Instagram

FACEBOOK

早春の谷中~上野散歩

皆さん、いつもGallery Miko-Nonnoをご覧いただきありがとうございます。

今日は天気も良かったので、下町散歩です。

スタートは日暮里駅から。これには理由があって、ランチをラーメン「馬賊(ばぞく)」で食べるためです。久しぶりの馬賊のラーメン&餃子はサイコーでした‼️

さてお腹もいっぱいになったところで谷中銀座へ。もちろん銀座って言っても下町の商店街で~す。

三崎坂を昇って行くとお寺がそこかしこに。そんな中、かわいいショップが。biscuitって言うヴィンテージな小物や人形グッズがたくさんあって、見ているだけで時を忘れました。

レトロな外観!
きれいに並べられた店内
ハンガリーのモール人形&リボンの騎士のマステで~す。サル好きなのでひとめぼれ!

そこからグルッと上野公園へ。桜は一部しか咲いていませんが、久しぶりの上野公園はワクワクしました‼️そこで思い出したのが、以前から行きたかった国立科学博物館。コロナで予約が必要ですが、ゲートの前でWEBサイトから登録して5分後に入ることができました‼️

忠犬ハチ公と南極のタロ&ジロ

ここは人類の歴史をたどる展示物が満載。恐竜の骨や動物の剥製は圧巻です❗️

今日の本当の目的は人形のパーツを購入すること。上野からアメ横通って秋葉原までウォーキング。秋葉原はオタクの街だけあって、人形パーツもたくさんあります。

ウイッグGET!

秋葉原も久しぶりでしたが、MIKODOLLはやっぱり人形しかないなぁって確信しました‼️これからは制作に力入れますよぉ‼️

「豊かな生活」はGallery Miko-Nonno から。創作人形作家MIKODOLLが提案するアンティーク&スピリチュアルライフはいかがですか?

ポータルサイト(このサイト)
https://miko-nonno.com

Gallery Miko-Nonno ネットショップ
https://mikononno.theshop.jp

instagram始めました!フォロー登録お願いします!
https://instagram.com/gallary_mikononno

恵比須~中目黒。東京ウォーキング

みなさん、こんにちわ!

コロナ禍で外出が少なくなっていますね。今回は感染症対策をバッチリして、恵比寿から中目黒まで東京ウォーキングをしました。

恵比寿と言えば、まずガーデンプレイス。以前はサッポロビールの工場だったなんて信じられませんねえ。

その後、以前から行きたかった恵比寿のアンティークショップ、トリコロール(Torico-lore)さんに行ってきました。ホーローやレースなど可愛い雑貨がいっぱいでした。

次は、ブラブラと中目黒までGoogleマップ見ながら裏道をウォーキング。目黒川まで出たところで、せっかくだからスターバックスのリザーブ ロースタリー東京に行ってきました。

昨年、オープンしたての桜の季節に来たら4時間待ちで入れなかったのですが、今回は15分待ちと楽々。

それでもほぼ満席で、4階の隅っこに座って、ちょっとお高いエスプレッソラテを堪能しました。

今日も楽しい1日でした。豊かな生活はGallery Miko-Nonnoから。

Gallery Miko-Nonno ポータルサイト

ネットショップ

Instagram

琵琶湖の竹生島は最強のパワースポット!

久しぶりに関西に帰省しました。今回は琵琶湖の聖なる島竹生島に行きました。長浜港から船で40分とちょっとした船旅です。今回は娘ちゃんも一緒。

天気も良く、秋晴れ。船旅を楽しみながら竹生島に到着しました。船着き場からすぐに鳥居がお出迎え。

スゴい急階段上がって行きます。

宝厳寺(本堂)日本三大弁財天重要文化財。その脇には不動尊。

八大竜王さんは、実家の母が長年お参りしていた神様です。昨年から八大竜王さんに会いたいなぁと思っていましたが、今年お会いできるなんて!

この場所は湖に面しているので湖と八大竜王さんの力強いエネルギーを浴びて、今年最大の禊になりました。

竜王さんのおみくじは、願い事を書いて中にしまって、飾っておくと良いそうです。それと小判御守。並木良和さんが財布に入れて種銭にすると良いですと言ってました。バッチリ購入しましたよ。

そしてさらに下って行くと、黒龍大神、黒龍姫大神さんが。ここは凄いパワースポットとして、とてもとても有名です。

帰りの船の関係で、島に滞在できる時間は70分。船の時間が決まってるので、とっても短くって時間が足りませんでした。あっという間!そして今思うと竹生島では時間の概念が無くなるみたいです。70分が数分の様な感覚でした。琵琶湖には無数の龍神さんがいて、大きな龍神さんが琵琶湖を出入りしていると並木さんが言ってましたが、私もそれは感じました。龍神エネルギーの塊ですね。龍神さんと居るといろいろと流れが出来てスピードアップするので、一瞬に感じたのでしょうね。

楽しい琵琶湖の旅。また行きたいなぁ!

最後にお知らせです。Gallery Miko-nonno ネットショップは、セキュリティ向上のため、URLが変わりました。ブックマークの変更をお願いします。(このポータルサイトやブログのURLは変わっていません)

豊かな生活はGallery Miko-Nonno から。

今後ともよろしくお願いします。

華麗なるマトソン・ジュエリーボックス

8月も終わりというのに、なんて暑いんでしょう?今年はコロナウイルスの影響もあって、巣ごもり需要なんて言っていますが、お部屋にいる時間が長い分、「私」を取り囲む雑貨には気を使いたいですね。

Gallery Miko-Nonno ではマトソンの品ぞろえにこだわっています。ジュエリーボックス、ソープディッシュ、ミラー等のヴィンテージならではのゴールドの輝きにうっとりします。

もちろん純金製ではなく、オルモル(ormolu)という技術で仕上げられています。オルモルとは18世紀ころフランスが発祥のメッキ技術・装飾です。

Gallery Miko-Nonno にふたつのMATSON・ジュエリーボックスが仲間入りしました。

このマトソン・ゴールド・ジュエリーボックスはふたつとの状態が良く、ヴィンテージ品の渋いゴールドの輝きも際立っています。

マトソンMatsonジュエリーボックス

このマトソン・ゴールド・ジュエリーボックスは豪華でエレガントです。

金属に金メッキが施され蓋は集めのガラスでしっかりとした作りになっています。

底の部分の布地にはシミ等も見当たらず良い状態です。
蓋のガラスの上には花と鳥のレリーフが施されています。

状態は良く、普段づかいのジュエリーボックスとして使用いただけます。

蓋の留め金の裏にmatsonの刻印が入っています。

マトソンMatsonジュエリーボックス

こちらも程度の良いジュエリーボックスです。

側面とガラス製の蓋、および脚の部分に金メッキが施されています。

蓋は集めのガラスでしっかりとした作りになっています。

底の部分の布地にはシミ等も見当たらず良い状態です。

蓋のガラスの上には花のレリーフが施されています。

天板につけられた花のレリーフの裏面にmatsonの刻印が入っています。

 

マトソンは、アメリカ・ニューヨークでレオ・マルダー(Leo Marder)氏によって創立された1950から1960年代に隆盛を極めたパウダールーム雑貨メーカーです。

マトソンの製品自体は1980年代に製造を終了しており、現在市中に出回っている商品は多くありません。ビンテージ品として今後ますます貴重価値が高まるものと思われます。

貴方のコレクションに加えてはいかがですか。

豊かな生活はGallery Miko-Nonno から。

ネットショップはコチラ

GO TO ビーナスライン!諏訪大社〜美ヶ原高原の旅

24、25日とGO TO TRAVEL キャンペーンを利用して、諏訪大社巡りとビーナスラインドライブに行ってきました。

諏訪大社は以前から行きたいと行っていた神社。ネットで予約したペットと泊まれる山岳温泉ホテルが偶然にも諏訪湖の近くだったので、コロナにもめげずにGO TO 信州!

諏訪大社上社本宮

まだまだコロナ影響もありますが、都会での3蜜状態より高原ドライブのほうが精神的にもコロナ的にもいいので、旅行決行。

御柱撮影中!

諏訪大社は4つあるうち上社本宮、下社秋宮、春宮の3つを参拝。これまで行った伊勢神宮や三峯神社とはまた異なる佇まいで、点在した神社が諏訪の地を護っているようでした。

下社春宮神楽殿
下社春宮近くの万治の石仏

お泊りはホテルアンデルマット。山岳温泉ホテルということで、スキー客を中心に展開しているようでしたが、夏場の避暑地としてもいいみたい。ロビーの家具や調度品はオーナーが世界中から集めた逸品ということで、アンティーク好きにはたまりませんでした。

ただ周りの景色はスキー場以外はイマイチでした。でもディナーは夏にしゃぶしゃぶというのが面白かったです。

2日目はビーナスラインドライブ。蓼科〜八島湿原〜美ヶ原高原というゴールデンコース。ビーナスラインは以前にも行きましたが、このゾーンは初めて。高原は美しいなぁ。

特に八島湿原は、多分尾瀬もこんな感じ?と思わせる雄大な空間でした。いつかここをトレッキングしたいな。

ドライブは楽しいけど、登り坂はけっこうガソリン消費して、ドライバーの主人は「ガス欠大丈夫かなぁ」と少し心配。まあ、メーターパネルには残り150キロ走行可能と出ているので問題ないはずでしたが山を降りてからすぐ給油しました。

帰りは旧軽井沢銀座で散策して帰宅。500キロ以上のドライブは、愛犬モモ&チャッピーと一緒の楽しい旅でした。

 

三峯神社開運ツアー

コロナウイルス影響も少しおさまってきたので、今日は以前から行きたいなぁと思っていた三峯神社さんまでドライブして来ました!

自宅から100キロくらいありますが、同じ埼玉県で〜す。

秩父までは何回か行ったことあるけど、三峯神社さんは1000メートル以上の山の中。クルマも狭い山道を縫うように走ります。

同じ埼玉県内でも3時間以上かけて到着!駐車場から拝殿まで500メートルくらいあって、今日は気温が30度以上あったので、けっこういい汗かきました。

ここの特色の一つは狛犬がオオカミと言うこと。と言うこともあり?一昨年まではペットのイヌも一緒に参拝てきましたが、現在はペット禁止です。

まず、驚くのはこの大鳥居。3つの鳥居が重なったみたいなこの鳥居は三峯神社以外では奈良の大神神社さんが有名。

拝殿に向かう山門が超豪華!日光東照宮みたいな絢爛豪華さ!こんな山中に、よくこんな豪華な神社が!と思うほど驚きました。

まず山門とは反対方向にあるのが遥拝殿。ここは絶対に見逃せません。秩父の山々が美しいこと。こんなに登って来たんだなあ!

いよいよ拝殿に向かいます。コロナ影響と平日と言うこともあり参拝客は少なかったですが、逆にゆっくり参拝出来ました。

拝殿の横には有名な神社の出張所みたいにミニ神殿が並んでいて、なかには伊勢神宮も。主人は伊勢出身なので、神明造りに感動していました。

久しぶりにゆっくりと参拝した後は、一路帰宅の旅。途中で長瀞に寄って、観光気分に。夕方でしたがヤングピープルがチラホラ。

楽しかった三峯神社開運ツアー。天気も良かったし、最高に楽しかったなぁ。また行くよ!

豊かな生活は豊かなココロから。今日は楽しいスピリチュアルライフでした。

Gallery Miko-Nonno ネットショップもよろしくお願いします。

華麗なるMATSONの輝き(その2)

マトソン(MATSON)は、お気に入りのビンテージ・ブランドのひとつ。

アメリカ・ニューヨークでレオ・マルダー(Leo Marder)氏によって創立された1950から1960年代に隆盛を極めたパウダールーム雑貨メーカーです。

今回は、Matsonゴールド・ミラー・ローズをご紹介します。まずゴールドといっても金メッキです。価格からしてもちろんですね。でもビンテージな輝きはとても美しく、往年のハリウッドスターたちがお部屋に飾っていたことが想像できますね。

裏はフェルト張りになっていてシックな感じです。

MATSONの文字が刻印されています。

マトソンの製品自体は1980年代に製造を終了しており、現在市中に出回っている商品は多くありません。一部日本のデパートでも販売されていたようですが、現在は見かけることもなくビンテージ品として今後ますます価値が高まりますね。

このマトソン・ゴールド・ミラー・ローズは最大幅47.5cmとしっかりした大きさのミラーはマトソンとひと目で分かるゴールド・ローズであしらわれています。

壁にかけるのではなく、こんなふうにドレッサーの上において、アクセサリーを置くのもいいですね。

商品のお買い求めははこちらからどうぞ。

Gallery Miko-nonno が提案する豊かな世界。お気に入りのアンティーク雑貨に囲まれて過ごす優雅なプライベートと、心の持ち方や精神生活から豊かになる両方を提案しています。