華麗なるMATSONの輝き(その2)

マトソン(MATSON)は、お気に入りのビンテージ・ブランドのひとつ。

アメリカ・ニューヨークでレオ・マルダー(Leo Marder)氏によって創立された1950から1960年代に隆盛を極めたパウダールーム雑貨メーカーです。

今回は、Matsonゴールド・ミラー・ローズをご紹介します。まずゴールドといっても金メッキです。価格からしてもちろんですね。でもビンテージな輝きはとても美しく、往年のハリウッドスターたちがお部屋に飾っていたことが想像できますね。

裏はフェルト張りになっていてシックな感じです。
MATSONの文字が刻印されています。
マトソンの製品自体は1980年代に製造を終了しており、現在市中に出回っている商品は多くありません。一部日本のデパートでも販売されていたようですが、現在は見かけることもなくビンテージ品として今後ますます価値が高まりますね。

このマトソン・ゴールド・ミラー・ローズは最大幅47.5cmとしっかりした大きさのミラーはマトソンとひと目で分かるゴールド・ローズであしらわれています。

壁にかけるのではなく、こんなふうにドレッサーの上において、アクセサリーを置くのもいいですね。

商品のお買い求めははこちらからどうぞ。

Gallery Miko-nonno が提案する豊かな世界。お気に入りのアンティーク雑貨に囲まれて過ごす優雅なプライベートと、心の持ち方や精神生活から豊かになる両方を提案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA