カテゴリー別アーカイブ: お出かけ

秋のアンティークフェア IN 新宿は大にぎわい。

新宿ハイアットリージェンシーホテルで開催中のアンティークフェア IN 新宿に行って来ました。

ここは、西洋アンティークに絞って出展されているので、西洋骨董好きにはたまりせん!

今回は目の保養だけ、と思っていましたが、やっぱり気に入ったモノを見つけると買ってしまいました。

まずは、シルバーのペーパーナプキンスタンド。前から欲しかったんです。ペーパーナプキンではなく、ダイニングテーブルの上において、新聞やパンフレットを立てておくつもりです。オーナーの方が、サンディエゴで買って来ましたよって、おっしゃっていました。

次はアンティークのチョコレートの缶。レトロな雰囲気がたまりません。

最後は、布花のコサージュ。友達でもあるスザンヌさんのショップで購入しました。

いつまでも見ていて飽きないアンティークフェア。楽しいですね。

ほかにもスージークーパーとか、マイセンとか、素敵なアンティークがたくさんありました。

でも、ウチのネットショップだって負けていません!マトソンやスージークーパー、マイセンといった高級なアンティークが、新宿のフェアよりもはるかにリーズナブル価格で、お求めになります。

豊かな生活は、Gallery Miko-Nonno ネットショップから。

驚きの明治工藝にビックリ!

上野の東京芸術大学美術館で開催されている「驚きの明治工藝」展覧会に行って来ました。
明治の超絶技巧はビスクドールと通じるところもあるので、行きたかったのです。

まずは鶯谷駅から寛永寺に行ってお参り。

それから徒歩で東京芸術大学へ。日曜日だし久しぶりの晴天なので、上野の森はとても賑わっていました。

中に入ると、もういきなり超絶!竜が迎えてくれます。

ほかにも展示品は、精巧だけでなく、自在といって、関節とかが動きます。

驚いたことに、このコレクションは台湾の宋さんという一人の方のコレクションというから、またビックリ!

そのあとは、お決まりの上野公園散策。世界遺産に決まった国立西洋美術館も賑わっていました。

そこから、健脚を活かして御徒町~秋葉原まで移動。途中ガード下の2k540アキオカに立ち寄り。ここはモノづくりの作家さんのショップがあつまっています。

そろそろ夕方前でお腹がすいてきたので、ガード下のB1グランプリで軽食。

そのあとはお決まりの秋葉原のラジオ会館8階のボークスでビスクドールの材料探し。

今日も1日幸せな都内巡りでした。

豊かな生活はGallery Miko-Nonno ネットショップから。マイセンやマトソンの超絶技巧の作品を取り揃えています。

ジョイフル本田はアンティークショップ?

ホームセンターは数あれど、我が家はジョイフル本田のファンです。理由は、品揃えが多いとか、ペットショップが充実しているとか、一日中遊べるとか、いろいろありますが、最大の理由はアンティークショップがあることです。

ジョイフル本田多くのお店に入っているんじゃないかなぁ。

このショップはOld Friendと言って、実はジョイフル本田のアンティーク事業として展開しています。テナントじゃないんですね。

我が家のモモ&チャッピーも店内でパチリ。

ご覧のように、家具から雑貨まで揃っています。

引き出しの取っ手やステンドグラスの窓枠とか、マニアなインテリア雑貨が揃っています。さすが、ジョイフル本田さんですね。

さいたま市から多摩の瑞穂店までは、ちょっと遠いですが、ワンコを連れてのドライブは楽しいので、距離は気になりません。

豊かな生活は、Gallery Miko-Nonno ネットショップから。スージークーパーやマトソンをはじめ、アンティークやヴィンテージが揃っています。

迎賓館&赤坂プリンスクラシックで優雅な一日を。

お盆期間中で道も空いているので、クルマで四ツ谷まで行って、迎賓館&赤坂プリンスクラシックへ行ってきました。

迎賓館は夏休み期間中の8月4日~30日は事前予約無しで、前庭と本館に入ることができます(本館入場料1000円)。

入場の際はまるで空港の搭乗口みたいに厳重な手荷物検査や金属探知機での検査があります。

残念ながら、建物の内部は撮影禁止ですが、「彩鸞の間(さいらんのま)」「朝日の間」「羽衣の間」と豪華なお部屋を観ることが出来ます。

20160814_141903_HDR

建物から外に出ると、建物裏手の噴水が美しかったです。
前庭に回ると、いつもの迎賓館の正面の姿が見えてきます。国の重要施設であり、歴史的の内部を観ることができ、満足しました。

20160814_143717_HDR[1]

そのあとは徒歩で、赤坂プリンスクラシックへ。ここは「グランドプリンスホテル赤坂 旧館」と呼ばれていたところで、つい最近、周辺施設と合わせ、「東京ガーデンテラス紀尾井町」としてオープンしました。

20160814_150808_HDR[1]

赤坂プリンスクラシックは、結婚式場がメインのようですが、レストランもあって楽しめます。

20160814_154326_HDR[1]

20160814_155156_HDR[1]

今日は一日、優雅な雰囲気に浸ることができた一日でした。

豊かな生活は、Gallery Miko-Nonno ネットショップから。ぜひ、ご覧ください。

表参道インテリア雑貨ショップ巡り

久しぶりに表参道~青山~原宿のおしゃれな雑貨店巡りをしてきました。

まずは、表参道をちょっと入ったところにあるG.BOAT。 このショップにいくために表参道に行ったようなものです。

G.BOATは真鍮の取っ手とか、インテリア雑貨が揃っているお店。小さなスペースを活かす引き出しを多用した陳列もステキです。

このショップを展開するGORIKI ISLANDは三重県伊勢市の会社。ウチの主人も伊勢市出身なので、とても身近に感じられます。

次は、青山学院まで脚を伸ばしてOrné de Feuilles(オルネ ド フォイユ)へ。青山学院の横の道をちょっと入ったところにあります。ここは一軒屋のような広いつくり。ファブリックや雑貨からやっぱり取っ手まで、トータル的に揃っています。

お次は、ガラッと変わって、原宿駅に向かって、裏原宿をウロウロ。

まずは、目の前に飛び込んできたのが、セントグレース大聖堂。結婚式場ですが、ゴシック様式の教会はとても荘厳で、裏原宿とは思えない豪華さですね。

しばらく歩くと、最近はショッピングセンターにもあるAWESOME STORE(オーサムストア)が。ここは安価でレトロ(風)な雑貨がたくさんあります。でもさすが原宿のショップは2フロアでお洒落です。

どんどん原宿に向かって、最後はせっかく原宿に来たので、駅前のローラアシュレイのショップへ。このショップは旗艦店というのか、規模が大きく、品揃えが豊かです。セール開催中でした。

梅雨も明け、真夏日が続きますが、こんなショップ巡りは楽しいですね。

豊かな生活はGallery Miko-Nonno ネットショップへ。こちらにもお越しください。

伊豆高原アートの旅

1泊2日の伊豆高原の旅。家族(といっても、夫婦+チワワ2匹ですが)揃って、クルマで行って来ました。

さいたま市から伊豆高原までは、首都高速~小田原厚木道路~R135と走って、まずは城ヶ崎海岸へ。

どっちかって言うと山派の私は、伊豆の観光旅行なんてほとんどはじめてですが、天気も良く楽しい旅行でした。

城ヶ崎海岸は、ダイナミックな岩肌に感動。また高~い吊り橋は、すごい眺めですが高所恐怖症の方はご注意ください。

その後が今回の旅の目的、創作人形館ミワドール。ここは三輪輝子さんのオリジナルビスクドールを中心に展示されている美術館。こじんまりしていますが、可憐でリアルなビスクドールを見ることができます。(購入することもできます!)撮影禁止なので、写真でお伝えすることができないのが残念です。

その後は、予約しておいたホテルへ。伊豆高原の「プチホテル アニマーレ プレミアム」といって、ペットといっしょに温泉に入れるホテルをカニ食べ放題付きで予約しました。

しかし、雲行きが怪しくなってきたので、翌日登る予定を急きょ前倒しにして、大室山へ。

20160726_063904_HDR[1]

この山は全体が草で覆われ高さ580メートルしかありませんが、国の天然記念物に指定されていて、歩いて登ることができません。唯一リフトで登れます。

wp-image-1316973120jpeg.jpeg

山頂は外輪を20分くらいで歩いて一周できます。すごいのはその眺め。この日は富士山は見えませんでしたが、駿河湾を一望できる眺めは大迫力!ここはおすすめです。

CIMG2353[1]

さて、ホテルに戻ったらディナー。フランス料理フルコース、それも名産の金目鯛がついてさらにカニ食べ放題、さらにビーフシチューという和洋折衷超豪華ディナーでした。大満足!

2日めは、ド定番の伊豆シャボテン公園。ペットがいることもあり、大室山にも登ってしまったので、ゆっくりと過ごしました。

wp-image-1390787678jpeg.jpeg

伊豆シャボテン公園はサボテンだけでなく、放し飼いの動物と触れあえる、とっても癒される空間です。カピバラの温泉浴でも有名ですね。

wp-image-403272702jpeg.jpeg

そこかしこに孔雀が歩いているし、サルやペンギンもカピバラも一部を除いて檻やガラス越しではないので、とってもフレンドリーです。

wp-image-2095054719jpeg.jpeg

帰りは、伊豆スカイラインを通ってドライブ。雨が降ってきたので、眺めはイマイチでしたが、前日にいっぱい見たので、もう充分。

ちなみに、今回行った、創作人形館ミワドールも大室山も、もちろん伊豆シャボテン公園もペットOKなので、いつもお留守番のチワワたちも大満足でした。

豊かな生活は「Gallery Miko-Nonno ネットショップ」から。今回の創作人形館ミワドールを訪問して、さらにガンバルゾ~と決意した伊豆旅行でした。

wp-image-1112641522jpeg.jpeg

こどもとファッション

浦野由美先生のドールレッスンの帰りに、7月16日から東京都庭園美術館で開催中の「こどもとファッション」に行って来ました。

東京都庭園美術館の建物は旧朝香宮邸で、内装がアールデコで統一されています。まず、玄関入ってすぐに、ラリックの芸術にお出迎され圧倒されました。

先日、国立西洋美術館が、世界遺産に認定されましたが、東京都には世界遺産になりそうな建物が、まだまだあるのではと思うほど、モダンで素敵でした。

展示の内容も、思っていた以上に良かったです。

子供服の歴史が、分かりやすく展示されていて、私が製作するお人形達は少女や子供達で、ロココ時代の頃からビクトリア時代の洋服が大好きなのでぴったりでした。

 

現存しているお洋服が、マネキン人形に着せられて多く展示されていた事が、見応えがあって私の意識の中に残りました。

図録を購入したので、思い出しながら、お人形の洋服作りに、活かしていきたいなぁ〜と思います。

豊かな生活はGellery Miko-Nonno ネットショップより。こちらもよろしくお願いします。

アウトレットパーク入間に行ってきました!

今日はクルマで三井アウトレットパーク入間に行ってきました。

入間は家からちょっとあるけど、今日は特に道が混んでいました。

今日は、チワワのモモ&チャッピーも一緒。うちのチワワは散歩させないので、アウトレットでもキャリーカーで移動。けっこう人気者で「カワイィ!」って声が上がっていました。

7月といえばセール時期ですが、アウトレットは一年中セールみたいなもの。今日もタイムセールとか、表示価格からさらに50%offとか、盛り上がっていました。
Gallery Miko -Nonnoネットショップにもお立ち寄りください。スージークーパーやマトソンのアンティーク&ヴィンテージ雑貨を取り揃えています。

ロンドン”なんちゃって”買い付け旅行(その5)-大英博物館

2011年7月のロンドン”なんちゃって”買い付け旅行レポート。まだGallery Miko-Nonnoがなかった頃に「よし!ロンドンに買い付けに行こう!」と夫婦で6日間の旅に行きました。当時は知識も十分ではなく、結局、観光&みやげ物ツアーに終わりましたが、それでも、あの旅の感動や反省が現在のGallery Miko-Nonno につながっています。

(その1)はこちら:「ビクトリア&アルバート~ポートベロー」
(その2)はこちら:「ロンドン市内観光」
(その3)はこちら:「コッツウォルズ」
(その4)はこちら:「ジュビリーマーケット」

Gallery Miko-nonno ネットショップはこちら!

***********************************

■5日目

「ロンドン”なんちゃって”買い付け旅行」も終わりに近づきました。

この日の当初スケジュールだと、大英博物館は時間的にムリと思っていたのですが、ロンドン市内の移動もかなり慣れてきたので、午前中にまず大英博物館に行き、その後V&A博物館の隣の自然史博物館に行って、最後にV&A博物館をもう一度楽しむというコースに決定。

大英博物館はホテル(イビス・アールズコート)から74番バスでアールズコート駅に行き、アールズコートからは地下鉄ピカデリーLINEで1本。しかしアールズコート駅のポスターに大英博物館の最寄り駅トッテナム・コート・ロード駅が工事中とあったため、レスタースクェアで下車し徒歩で大英博物館へ向かいました(15分くらい)。途中、チャイナ・タウンとかもあって観光がてらブラブラ。

さて、大英博物館は10時開館。10時前でも館内のホールには入れますが展示室は10時からなので観光客が入口のドアに並んでいました。大英博物館は真剣に観ると何日もかかりますが、私たちは時間の関係で「ロゼッタ・ストーン」「パルテノン神殿の破風彫刻」「ラムセス2世の胸像」「人面有翼牡牛像」「ミイラ」を見るだけ。それよりも早くV&A博物館に行きたいと思っていました。PO20110727_0310

PO20110727_0318  PO20110727_0323

ということで、そそくさと大英博物館を後に。帰りはラッセルスクエアから地下鉄ピカデリーLINEでサウスケンジントン駅へ行き、まず恐竜の骨を見ようと自然史博物館に。ところが、夏休みのせいか平日にもかかわらず長~い列!案内板には45分待ちの文字。並んだ割には恐竜の骨は上野の博物館とほとんど同じだったので、さっさと出て、V&A博物館へ。  PO20110727_0290

ロンドン初日の夜に来たときとは、また違った意味で新鮮に見ることができました。また前回閉鎖されていたBritishコーナーに入ってみると、見たかったドレスやウイリアム・モリスの家具や壁紙があって、来た甲斐がありました。PO20110727_0293

PO20110727_0298

■ヒースロー空港

これで思い残すことはありません。一路、ヒースロー空港ぬ向かいます。オイスター・カード(ロンドンのSUICAのようなもの)は朝、地下鉄に乗る前に£9くらいあって、サウスケンジントン駅に着いたときには£7。これでヒースロー空港までたどり着けるかなあ?何でも、ロンドンの地下鉄には精算という仕組みがなく、もし着駅で残額が足りないと£50の罰金を要求されると聴いていたので緊張しました。もうポンドは持っていないし、最悪の場合、円でも払えるかなあ!

ホテルをチャックアウトしたときに荷物を預けておいたので、サウスケンジントンからバスでホテルまで戻り、荷物を受け取り、再びバスでアールズコートへ。アールズコート駅では駅員さんに”We are going to airport. I have £5 on this Oyster Card. Can I go to airport with this card?” とあらかじめ考えた英語で尋ねると”Off course!” これで安心。空港まではピカデリーLINEで一本。しかし地下鉄でヒースロー空港に向かうときは行き先が空港でないものがあるので注意が必要です。

空港まではアールズコート駅から地下鉄で約40分。空港で改札を出たところで最後にオイスター・カードの残額確認をしたところ、£3.9でした。ぎりぎりセーフ!使い切りました。

PO20110727_0299

PO20110727_0302

帰りの便はANAのNH202便。19:30のフライト。3時間前に空港に到着すれば大丈夫と思っていましたが、到着したのはもっと早くて16:00。チェックイン・カウンターはまだ開いていなくて、私たちは2番目に並びました。PO20110727_0325

PO20110727_0333

その間に日本人スタッフがいるカウンターに尋ねました。私たちのツアー(といっても航空券+ホテルのみ)は帰りのANAの座席を予約するのは24時間前からしかできないと日本でHISから言われ、おかげで旅先でインターネットカフェに飛び込んで、何とか夫婦横並びで確保できました。なぜ、もっと前から予約できないのか尋ねると、航空券は360日前から発売しているので、通常は360日前からチェック・イン可能とのことでした。またツアーや航空券によって3日前とか24時間前とか(つまり価格によって)になるそうで、観光旅行ではなく買い付けの旅と割り切って申し込んだ私たちのHISツアーは安かったといういうことですね。でもおかげでオイスターカードを使った地下鉄やバスの乗り方や、インターネットカフェでのフライトの座席予約とか、いろいろ詳しくなりました。ちなみに、ホテルにもビジネススペースがあって、インターナットが利用できますが、印刷サービスを行っていなかったため、予約したQRコードの印刷をするためにインターネットカフェに行きました。

■一路、日本へ

NH202便は予定より5分早く離陸。座席は大騒ぎして予約したおかげで2人掛けの独立した席でした。機内では映画は「武士の家計簿」「ブーリン家の姉妹」を観ました。武士の家計簿はあまり好きではありませんが、「ブーリン家の姉妹」はヘンリー8世に嫁ぐブーリン家の策略というのが、まさに私たちの旅行とマッチしていて、とても楽しかったです。 映画で時間を忘れ、またさすがに疲れてグッスリ眠り、気がついたら成田に到着していました。約10時間のフライトがとても短く感じました。機内食はサケのムニエルをいただきました。

■6日目

■成田空港へ到着

成田に到着後、入国審査はとてもスムーズ。今回は買い付けというほど買わなかったので、税関への申告もなく5分で完了しました。荷物の受け取りのほうは、チェック・インが2番だったせいか、なかなかターンテーブルに廻ってきませんでした。

成田空港から京成スカイライナーに乗るのですが、おっと忘れちゃならない!成田空港のAUカウンターに携帯電話を返却しなければなりません。2011年はまだスマホが普及していないくて、また使っていた携帯(ガラケー)がイギリスで使えなかったため、わざわざ空港で借りました。返却の際に、ロンドンのホテルでコンセントのアダプターが合わなかったことを言うと、「そうなんですよねぇ。時々言われるんですよ。でも思いっきり差し込めば入るみたいですよ。」とのこと。こりゃぁ、AUはダメだ!

スカイライナーで日暮里まで来ると、いつもの暑い日本の夏。ロンドンは夏といっても涼しかったので久々の日本の夏は暑かったです。短かった6日間の「ロンドン”なんちゃって”買い付け旅行。

ビスクドールのインスピレーションのために、また将来のネット・アンティーク・ショップ開設のために、今回はアンティーク・マーケットに焦点を絞ってロンドン旅行を決意しました。いろんな経験をし特にトラブルもなく、楽しい旅行でした。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

あなたの生活を豊かに。Gallery Miko-Nonno ネットショップはこちら

ホビーショーに行ってきました!

東京ビッグサイトで開催中のホビーショーに行ってきました。このショーは4月28日、29日、30日の3日間開催されていて、最終日にお友達と行ってきました。

1462063505026

このホビーショーはハンドメイドマーケットサイトのminneとの共催で、手芸、陶芸をはじめ手作り作家や企業の一大展示会です。

1462063498995

人気のクリエーターさんのブースにでは、お客様が並んで商品が売り切れてしまうこともあるくらい、人気のショーです。

1462063493586

次の写真はtonericoさんで購入したリネンの手作りワンピース。バッグや布地などを扱っていて、人気でした。このワンピースは襟付きでクラシカルな雰囲気が気に入りました。先日、アンティークショップOLD FRIENDで購入した帽子とよく合います。

1462063558571

1462063569054